So-net無料ブログ作成
検索選択

「食」に関する「道」って代物について [独り言]

 ラーメン道-1.jpg

ラーメン道-2.jpg



ラーメン道って代物



 添付の映像は、facebookにシェアされていたものだ。

コメントは千差万別。幸いにしてこういう店に行った事はないが近い体験はある。

しかし、客と店主のラーメンを介した過剰なまでのバトルはラーメン好きの私にとってかなり不快な現象である。

ラーメンはもっと気楽に食べれば良いじゃん・・・。それが私の率直な意見だ。

違う言い方をすれば、フランス料理だって楽に食べれば良いじゃん・・と思う。
店や周囲の環境でのTPOはあるものの、料理人と食べる側が戦う事は別にない。旨い不味いは個人差があるし、好き嫌いも同様だ。

だから、他人から旨い不味いを無暗に押し付けないで欲しいというのもある。個人の感覚は個人の問題だから、他人と合う場合もあれば違う場合もある。是非の問題でもなく議論も出来ない。食の評論家やタレントの取材コメントを耳にすることもあるが、全く信用しないタチである。

日本人は何かと「何とか道」が好きだ。それは全く否定しない。そういう在り方も一つの在り方だと思っている。でも私には何となく暑苦しい。若い頃はラーメンを語るなっていうのを飲み屋でやったこともあるが、結局個々の主張合戦になって話しが落ちる部分は無く、空しいものだった。それが単純に楽しい時間だったとも言えるが時間の無駄だったとも思う。そういうケースが多いだろう。

この漫画のような店主は恐らく数多く存在しているのだろう。でもこの漫画の店主を見る限り勘違いも極まるとこうなるのかな?というのが私の感想だ。

確かにラーメンのスープはとても手間がかかる。芸術的なものだってある。それは認めます。しかし料理人が自分をアーティストと勘違いしてとすれば、残念である。

客に自分のやり方を通して人から金を貰いたいなら、少なくとも自分のこだわりを客に分かるように伝えておければいいだろう。入り口に告知しておくならもっといい。そういう事をしないことを「美学」と呼ぶ人がいるが、それはただの不親切で迷惑なのだ。

(しかしそれでも口コミで伝わるものは伝わる場合があるが・・・)

店にルールがあるのなら客にキチンと伝える義務があるし、客がそれを選ぶ事が出来るのならそれはそれでOKだ。それもしないとすれば、単なる怠慢だし失礼である。非礼であることをあえて自慢するような客商売を有難がる面倒な人もいるが、それは単に馬鹿にされているのと同じだろう。

私は職(食)人技が好きだし、職人を尊敬している。でも職人技を判断するのはあくまでも客の側だという事を忘れてはならない。職人が仕事に関して一徹であることと、客との接点を無視して我を通すというのは全く違う次元の話だ。

 私はこの漫画を読んで、ふと昔NHKで見たあるすし職人のドキュメントを思い出した。

ある日弟子の店に師匠が来たのだが、師匠は弟子の出した寿司を眺めたまま手を付けず、そのまま帰ってしまった。

ナレーションでは子弟への修行の厳しさを伝え、子弟関係の空気の重さを映像に残していた。
しかし私はこの師匠はとんでもないヤツだと思った。

それは何故か?

残った寿司はどうするんだよ!?ってことなのだ。

捨てるの??  それとも弟子が食べたのか? まさか・・・。

食にこだわる人間が、食べ物を明らかに粗末にする姿を見て、食の「道」と呼ばれるもののあり方に根本的な疑問を持ってしまった私の視点はおかしいだろうか?
たとえそれが修行の一環だったとしてもだ。

この漫画も同じなのだ。

漫画の店主が客を帰らせた後、この手つかずに近いラーメンの運命はどうなるんだろう?

この店主は多分捨てるよね。

自分の大事なスープやラーメンじゃないのか?

客の振る舞いが自分の想定とは違い、気に入らないからそれらを捨てる事を良しとし、自分の勘違いした信念を貫くというラーメン(食の)道が正しいと思うラーメン職人がいるのなら、そんなラーメン道や職人はラーメンを作る資格がないんじゃなかろうか?

「食」において客に出したものは再利用が出来ない。
だから最大限度大切にすべきじゃないのか?

だから出す側は相当な準備や用意を必要とするはずだ。それは告知行為だって含まれる。

客はただ食べるだけだ。口に合えばまた来るだろう。また多少口の肥えた客なら、作った人間のこだわりや奥深さを忍ぶかもしれない。それは個々にあって良い事だ。

分かる人には分かるし、分からない人には分からない。

それでいいじゃないですか。

でも、食に関わる人間が自分のネタ元をむげに捨てるというのは、やはりあり得ません。

私は母親から第二次大戦直後の食うや食わずの話しを何度も聞かされました。本当に最低限食べる事が精いっぱいだった時代だったそうです。
あの時代を経験した人からすれば、このラーメン屋も例に挙げた寿司の師匠も馬鹿野郎と言われるでしょう。

そういう勘違いした「道」を歩む職人は、職業人の前に人間としての修行をし直した方がいいかもしれません。
だから私は、食通と自慢する人や食の道を極めたというような人を一切信用出来ない訳です。






nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「自分の国 日本を好き」と言えない日本人の不幸 [独り言]

「自分の国 日本を好き」と言えない日本人の不幸

 

先に断っておくが、私は右翼でもなければ左翼でもない。どちらかと言えば、中道だ。保守的な部分もあれば革新的な面もある。世の中を生きていて、どっちかに極端に振れて事が成立・継続することはほとんどないと思っている。

 

さて、私は日本という国が大好きだ。戦後生まれの私も50歳を超えたが、最近益々その気持ちが強くなる。

この気持が強くなったのは40代後半位からなのだが、それはこの年齢辺りから日本の歴史を自分自身で学び直した事が大きい。

学生時代、暗記一辺倒の日本史は全くもって苦手だったが、試験や学校の成績を上げるためにやるのではなく、自分の知的好奇心を満たすためだけに始めた日本史の勉強は、日本という国の凄さや奥深さを改めて知らしめてくれた。

それに加え、これまで様々な海外出張をした経験で外から日本を見る機会もあったが、私の肌感覚の結論は、(日本人にとって)日本ほど暮らし易く素晴らしい国は無いという事だった。

 

しかし、この国において自国を愛するという発言や態度を示すと違和感を抱かれる。ほとんど脊髄反射のように最も多い反応は、「あなたは右翼ですか?」という感覚だ。もちろんこんな事を言っている私自身にも同じような脊髄反射が起こる。

一体この脊髄反射の原因は何から始まったのだろう?

 

日本国への愛情と国旗への忠誠に違和感を覚えるような教育(洗脳?)を施してきたのは一体全体何だったのか? 

よく言われるのが日教組だが、それも確かに一因あるとしても、国民全体の中に日本国への愛情と国旗への忠誠を表だって言えない空気が漠然と存在しているのは日教組の歪んだ教育姿勢だけではないように思う。

これを引き起こした最大の原因が第二次世界大戦だった事は疑いようがない。

当時の軍事政権が、国家のために死ぬ事が是というような正当性を祭り上げるために天皇を利用し、日本国旗の御旗の元に国民を引きずり込み戦い敗けたあの戦争の悲惨さのトラウマから、我々日本人は未だに抜けられていないんだというのが私の感覚だ。

300万人以上を戦死させた日本国は、自国民から信頼を失い、それがそのまま日本国への愛情と国旗への忠誠に莫大な疑念を持たせたのだろう。

人類史が補足できる段階からにおいて、病死や自然災害で300万人以上が死んだ例は数少ない。自国民をこれだけの数、死に追いやった当時の日本国家の在り様は、戦後70年が経過した2015年になってもトラウマとして消えていない。

また戦後の教育現場も戦争の反省に基づいているにしても、これに加担した部分があるだろう。



あの悲惨な大戦で多くの人が傷ついた。ヒトラーやスターリンのような怪物を産み、日本は原子爆弾や殺戮と言って良いB-29の空襲で3040万人近くの民間人を殺された。日本だって自衛戦争とは言え、相手側からすれば侵略としか映らないような戦闘行為した事実はある。

しかし結果的に負けた我々の理屈は通らないから事の戦争や戦闘行為の是非を問題にしても空しい。

戦争とは双方に狂った状況を平気で生み出す程狂った行為である事を決して忘れてはならないという教訓を噛みしめるしかなかろう。



日本国への愛情と国旗・国歌への忠誠は、前の大戦によって大きく傷ついてしまった。そして多くの国民はそれらを表面に出さない事を美徳とし始めた。

学校の卒業式で日の丸を拒絶する教職員が現れ裁判にまでなっている。

国旗・国歌に拭い去れない思い出が染みついていたとしても、他国ではこんな事は起こらない。

国家から都合ところだけをつまみ食いして国家や国家のシンボルを拒絶する連中は、自己矛盾に陥っていると言って良い。

学校の卒業式で日の丸を拒絶する教職員は、オリンピックの国旗掲揚や国歌斉唱をどう思っているのだろうか?

野球好きの教職員は、開幕時に行われる国家斉唱と国旗掲揚時に起立しないのだろうか?

彼らはそれらに違和感ないのだろうか?

卒業式の国旗掲揚や起立拒否について裁判するなら、何故スポーツ等での国旗掲揚や起立行為についても裁判しないのか?

また、他のスポーツ等の大会で日の丸の元で戦うと宣言する選手やそれを応援するサポーターやファンが、国旗を身に纏っていても、彼らを絶対に右翼とは思わないだろう。

何故スポーツを介在させてOKな事が、他の場面ではダメなのだろう?

これは要するに「筋が通っていない話」なのだ。だから矛盾した行為が散見されるようになったのだ。

 

私は50歳を過ぎて、素直に自国や国旗への愛情を表現できない空気に満ちている日本の現状を本当に不幸な事だと感じ始めている。

特に日本国旗は、大戦の陰湿なイメージや極端な右翼的イメージによって本質から遠い部分で忌諱されていることを残念に感じている。

若い頃は、天皇制の在り様に疑問を持っていた時期が無かった訳じゃないが、歴史をひも解いて行くと、天皇制こそが日本の歴史の背骨だという事が素直に理解できる。これは是非の問題ではないのだ。そういう意味では宗教的な部分に触れる事だとも言えるだろう。

人類が生まれてこのかた、インダス、中国など様々な文明が生まれては消えた。ハンティントンの「文明の衝突」にあるように、数千年という歴史を持ち現在にも至る「日本文明」は、世界史の中で見ても稀な存在なのだという事を改めて自覚すべきことだと考える。

私は日本民族が他の民族と比較して優位だのなんだのというような不毛な議論をするつもりは毛頭ないが、有色人種である日本人が白人たちの文明に伍して「日本文明」を築き、営々と繋いできた点については歴史的事実として認識した方が良いだろう。



日本国にだって様々な欠点や欠陥がある。しかしその欠点や欠陥を超える素晴らしさが日本や日本人には多いと思っている。

四季があり、水や風土に恵まれ、狭い国土で国家が消滅するような諍いを免れ、相互互助を常とし、高い教育と識字率と道徳性を維持しながら長い歴史の風雪に耐えてきたのが日本であり日本人なのだ。

明治維新という革命をあの程度の内戦で済ませ近代化した事や、第二次大戦の終戦時に殆どの混乱もなく銃を置き、昭和天皇の言葉に従いアメリカの占領を受け、その後軌跡的な経済発展を遂げた事は、日本の底力の現れだ。



昔は西洋文化にドップリ憧れ、日本人であることすら嫌だった私も、歳のせいか、日本の良さが肌で分かるようになった。

ありがたいことだ。

今の心境は、死ぬまでにもっと日本を学び、もっと世界を知り、日本人であることを誇りにし、日本人として死んでゆきたいと思っている。

日本人でよかった。今の私はそう思って毎日を生きている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感